2019年6月7日の金曜ロードショーで「美女と野獣」の実写版が地上波で公開され、
美女と野獣に関する様々なエピソードが話題となりました。

中でも話題を呼んだのがこのエマワトソンの
憧れのベルをいつか演じるために、シンデレラの役を断っていたというエピソード。

シンデレラは美女と野獣同様、ディズニーの人気作。
その役を断ってしまうのはかなり勇気がいります。

しかし、それほどまでにベルに憧れを持ち
念願をかなえてベルを演じることになったエマワトソンだからこそ
素敵な作品に仕上がったのだと感じます。