2019年8月の10日から18日までの、最大9日間の連休があることが確定しました。
今年はGWにも天皇の退位、即位により大型連休となり、このような連休の続く年は珍しいです。

休日が続くのは喜ばしいことですが、
この8月の連休はお盆のため、学生にとっては夏休みの時期に当たります。
そのため、学校を休むことにはならないのでガッカリしたという声も。

一方で、GWでの忙しさを経験したサービス業の関係者は
またあの忙しさが来る!と構える方も多く、
今回の連休に関しては、国民は現実的な考えの方も多い様子。

しかしせっかくの連休には、少しでもリフレッシュなどができる日を作りたいものです。