もし自分の恋人が交通事故で車椅子生活となったらこの彼女のように変わらず側で支えることが出来るのか自信がありません。

彼氏は彼女のことを考えたからこそ別れを切り出そうとしていたのだと思いますが、今となってはその優しさがただ悲しいですね。

これから先彼女は亡くなった彼のことを忘れることはないと思ますが、今は難しくてもいつか彼女が前を向いて明るく生きて行けること、そしていつか他の人のことも愛することが出来るようになることを心から願っています。