そんな、電車などの公共機関で出会う、嫌な奴を分かりやすく描いたイラストがとても話題です。

ふたり隣り合って座る座席では、真ん中になんとなく境界線を意識して隣の人に気遣い座りますよね。しかし、その境界線をはみ出して接触して座ってくる人もいます。腕や足が触れ合うのが嫌で、体を縮こませて避けて座りなおしても、空いたスペースにまたも体を広げてきて結果的にすごく不自由に座るしかなくなります。

こうして片方だけが気遣い、我慢をしても何も変わりませんよね。他人と肌が触れ合っていても気にならないひともいるのかもしれませんが、大多数の人がいい気はしませんよね。それにひとつの座席分のスペースを超えてまで使うとのも、身勝手だと思います。

少しの心がけでみんなが気持ちよく利用することができるので、気をつけたいですね。