お米で作った魚、お米で作った小鉢…ただのお米でしかありませんが、もしこれが食卓に用意されていたら何事かと思うでしょう。

食堂のおばちゃんはついにおかしくなったのか?と心配にもなりそうですが、面白くもあります。

お残しは許しまへんで!と追い掛けられてしまうかもしれませんが、白米オンリーでこの量を食べ切ることが出来る人は数少ないのではないでしょうか。

この場合のみ、お残しは許して頂きたいですね。