「あいさつの魔法」や金子みすゞの「こだまでしょうか」など人々の心に突き刺さるCMや広告を打ち出してくるACですが、この広告も心に響くものがあります。

いじめや給料未払いなど精神的にも肉体的にも辛い言葉が、立っている人を追い詰め逃げられないようにしている風にも見えます。

この広告は学生の作品だそうで、会社絡みの言葉が多いことを考えると、学生からも社会はこんな風に見えているのかと衝撃を受けてしまいます。

追い詰められて悩む人がいない世界になれたら理想的ですよね。