一般的なお香は、煙が下から上へと上がっていきますよね。
ところが、倒流香や流川香と呼ばれるお香と香炉は、煙が上から下へと流れていきます。
上から下へと流れていくのを見ていると、煙だというのを忘れてしまいそうです。
その姿は名前の通りまるで流れる川のようで、美しく幻想的です。

普段お香を家で焚いている人には、いいのではないでしょうか。
私は普段家でお香は焚きませんが、見てるだけで癒されそうで、これはちょっと欲しくなっちゃいました。