顔は意識してもなかなか立ち方まで意識している人は少ないのではないでしょうか。
立ち方ひとつでこんなにも変わるのは驚きですね。
1枚目の白いドレスの女性は普通に立っている写真だと少し太って見えますよね。

この立ち方は「コントラポスト」というものだそうで、
肩と腰の傾きを左右で逆に傾ける技法なんだそうです。
こうすることでシルエットに『S字』が生まれて、『くびれ』を作り
ボディーラインにメリハリを付けることが出来るそうです。

これからクリスマスや年末などパーティなど集まる機会が多くなりますよね。
写真を撮る際は立ち方も意識してみてはいかがでしょうか。