三陸海岸南端、牡鹿半島の先端近くにある田代島。人形劇『ひょっこりひょうたん島』のモデルになった島とも言われています。最近は猫島として有名で日本の猫島特集には必ず登場する島です。こんなに猫が増えた理由としては、かつて養蚕が行われていた時代のネズミ避けに飼われだしたのが始まりのようです。島には猫の神様を祀った「猫神社」もあるんです。昔、錨を作るために砕石しているとその石片の一部が猫にあたり死なせてしまったそうです。古くから猫は「大漁を招く」とされていたため、猫の今後の安全と大漁を祈願し建てられたそうです。猫達は島の大事な住人。島民みんなで猫達を見守っています。一般のお宅の軒先や漁港などでみなさん気軽にゴハンを与えているからでしょう。ここの猫たちはみんな人懐っこいんです。猫好きの方、そうでない方もぜひ癒されに田代島へお出掛け下さい。