おばあちゃんの最後の帽子をかぶった時の嬉しそうな笑顔がとてもいいですね。
大好きなご主人の写真を見て夢だった場所でドラムを叩くなんて、幸せですよね。
30年ぶりとは思えないほどとても素敵な演奏でした。
お孫さんと一緒に涙ぐんだ人も多かったのではないでしょうか。
お孫さんの粋な計らいもそうですが、海外の方のあたたかさにも
とても心が温かくなりました。
音楽は人種も国も年齢も性別も関係なく、とても感動をくれますね。