可愛い女の子を前に、男の子たちが色々とインタビューを受けていく中で、最後の質問が「彼女を叩いて下さい。」でした。それまで、笑っていた子達も「ない言ってるの?」というような困った表情をしています。
そして、男の子たちが出した答えは「NO」でした。

小学生、あるいは中学生くらいの男の子たちでしょうか?
「女の子を叩かないよ」と言って、それぞれが伝える理由に教えられる事が沢山だなぁと思わずにはいられませんでした。

「女の子もたとえ花でも傷つけがいけないよ」
「僕は男だ、女の子は叩かないよ」
「暴力はいけないこと」
と当たり前に言う、子ども達の姿に本当に感動します。

こうゆう思いを持って子どもがもっと育っていく社会にしたいなぁ、と感じてしまいました。
やっぱり大人になると、子どものふっとした瞬間の行動や言葉に教わることが沢山ですね!