最近では、障がいも持っている人が家から出て自分らしい生活を求めて過ごすことができるようになってきました。人間はみんな長所もあれば短所もある、上手くいくこともあればいかないこともある、個性がそれぞれ違います。
発達障害の人は大勢の人がこなせることが上手くできないことがあります。
そのような時、発達障害と自覚している人もいれば、自覚していないまま社会に出ている方もいらっしゃいます。自覚されていない方は社会における環境で恵まれているといきいきと過ごすことができていると思いますが、生活をしている環境が適していないと二次障害など次の障がいを引き起こすことにもなりかねます。

発達障害の人は、大勢の方ができることが同等かそれ以上できてしまうこともあります。それ以上にできたとき天才肌と呼ばれたり、社会でも活躍されている方がいらっしゃいます。
一人一人の個性を受け入れつつ、人間関係を楽しめるようになるといいですね。