バイクの転倒事故はスピードがでていればもちろんですが、生死にかかわる事故ばかりになります。問題視されているのが、合計3台のバイクで8人が死傷ということです。バイクは乗れても二人まで、原付に関しては一人のりです。

二人で乗ることをタンデムといいますが、タンデムも一人乗りがかなりなれていても、後ろに人が乗っているとかなり気をつかって運転することになります。タンデム用の安全装備をつけている人をみたことがありませんが、その装備も売られているくらいです。バイクはひとつの操作ミスでかなりの危険が伴うのです。

最近では、バイク人口も少なくなってきているようです。全ての乗り物においてですが、安全にのることが一番楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。