8/21(火)14時、第100回を迎えた夏の甲子園の決勝戦が行われた。結果は13-2で大阪桐蔭が優勝し、初の春夏2連覇を達成した。毎年多くの選手がドラフト会議で選出されプロ野球チームへと入団していくスター選手揃いの大阪桐蔭。それに反し本大会一番といっても過言ではないダークホース、秋田県代表金足農業。選出のほとんどが、県内出身者。野球経験者は約半分。それも軟式。そんなチームが決勝へ勝ち進んだ。結果は大阪桐蔭に軍配が上がったが両チーム、100回目に相応しい素晴らしい戦いだった。記録的な暑さの中、感動的な試合が観れたことに感謝です!