この子どもたちが使っているのはドラムセットやマイクではなく、木材の切れ端や拾ってきた箱など。
でもそんな道具で演奏しているとは思えないほどの完成度の高さ。
本当に上手で、ビックリさせられるのと同時に感動しますよね。

もちろん天性のリズム感があると思いますが、音楽が大好きでとにかく楽しもうという気持ちが全身から溢れています。
まさに機材より気合い!
これがないから出来ない・・・ではなくて、この状況でも出来るという事を子どもたちが証明していますね。