「等価交換だ。俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ!」
「ほんとバカね。半分どころか全部上げるわよ」
エドの決死のプロポーズを、あっさりとひっくり返すウィンリイ。そこが彼女の魅力なのかもしれません。半分ではなく、私の人生を全てあげる・・・そんな言葉が言えるパートナーに出会えたことが素敵な出来事です。
皆さんも、家族や友人、恋人に、恥ずかしがらずに自分の素直な言葉で感謝の言葉を伝えていきたいですね。