日馬富士による貴ノ岩への暴行事件はまわりにいた力士たちの証言が一貫せず、さらには貴乃花親方と相撲協会の対立も起こり、相撲協会の体質に疑問を抱く人も多いですよね。日本の国技なのに、隠 蔽体質がひどく、スポーツマンシ ップとはほど遠いのではないか‥との声もあがる中、さらなる隠蔽体質が明らかになったのです。

2011年に起こった春日野部屋での弟子への暴行事件。こちらの事件はなんとアイアンで殴るという生死にも関わるほどの事件にもかかわらず、春日野親方への対応は相撲協会からの厳重注意に終わったとか。おそろしい世界ですね。