5連覇がかかっていたグランプリファイナルを靭帯損傷のために欠場することを発表した羽生結弦。ギリギリまで調整を続けたものの、ドクターストップがかかり涙の決断だったといいます。そんな羽生結弦選手への熱い思いがこんなところからも届いているんです。

演技を終え、自身の点数待ちの間にジェーソン選手が手に持っているのは、手書きで書かれた羽生結弦選手への日本語メッセージ。キレイな文字で温かいメッセージが書かれています。ライバルの大切さが心に染みるワンシーンですね。