博物館や美術館は、撮影禁止であるということが多いですよね。撮影禁止であるということを来場客に伝える方法は絵や字など様々ですが、この書道博物館では、実際に毛筆によって書かれた注意書きを使っているようです。
最近は「インスタ映え」を狙って色々な写真を撮るという事が一般的になっていますよね。この風潮をちょっと皮肉った注意書きは思わずクスリと着てしまいます。
悲しいことに、実物はこの博物館に行かなければ見ることはできません。なぜなら撮影禁止の注意書きですから。ぜひ本物をこの目で見てみたいですね。