人は疲れているとき、よくわからない行動を起こしがちです。私もよく、疲れていてメガネをかけたままお風呂に入り、そのメガネが曇ることによってメガネの存在に気づいたりします。
しかし、この投稿者の場合は中々です。冷ややっこにかけられているサランラップの存在に気づかず、そのまま醤油を垂らして一言「醤油が浮いている」といったそうです。いくら疲れているとはいえ、醤油が浮くという幻覚を見るだなんて…。いや、サランラップの上に乗っているだけの醤油が浮いて見えるだなんて、休養が必要ですよね。