工場で作られるときに偶然作られたものなのかと思いましたが、明治から正式に発売されている、「現れるのか?!大粒幸せきのこの山」という商品だったようです。
写真のお菓子は、その中にランダムで入っている「きのこの山」に扮した「たけのこの里」のお菓子でした。
「きのこの山」と「たけのこの里」を合わせた当たりが入った、こんなユニークなお菓子が販売されていたなんて驚きですね。
気軽に話題にできる楽しいお菓子ですので、色々な人と盛り上がるのにピッタリです。