頭にショートケーキって斬新な覚え方ですね。世界史の人物を覚えるのってカタカナばっかりで難しいし、あだ名をつけて暗記したり悪戦苦闘した、している方も多いのではないでしょうか。

オスマン帝国の10代皇帝であるスレイマン1世ですが、頭のショートケーキの様なものはターバンです。

ターバンは中東やインドで使用されている頭を守るために巻く布です。トップに宝石などを付けるのが流行だったようです。スレイマン1世の画像で表すと、スポンジとクリームの部分がターバンで、イチゴの部分が宝石なんですね。

巻き方や宝石を付け替えてオシャレを楽しんでいたのですね。なるほど~。