シフォンケーキはアメリカが発祥で、生地が絹織物のように柔らかいという所から名付けられたケーキだそうです。

アメリカと言えば資本主義の国ですが、アメリカでシフォンケーキという名前から『資本ケーキ』にしてしまう発想というのは、おそらく出てこないのではないでしょうか?これはまさに、日本のダジャレ文化と資本に物を言わせたケーキですね。

パッと見では本物の札束にしか見えませんが、よく見ると、『菓子銀行』の発行する『菓子銀行券』となっているのが面白いポイントですね。