虹視症は電灯や電球などが光を放っているときに画像のように虹が出ているように見えてしまう症状のことです。
疲れている時や体力の低下、疲れ目や眼精疲労が進んでいるときに症状が出やすくなります。
この症状が出てきた場合、眼科に行って検査することをおすすめします。

化粧品や体に身に着けるものなど自分の体に触れるものはアレルギーなどで肌荒れや体調不良を起こすことがあります。
自分で気を付けるのが前提ですがもし体に変化があった場合はすぐに病院に行くべきですね。