この青年のメッセージには、誰もが心を打たれるでしょう。

23歳にして白血病で亡くなった青年が、亡くなる直前に発したメッセージが、今ネット上で多くの人に勇気を与えているということです。そのメッセージがこちらです。「やれる可能性があるやつは努力をしろよ」というメッセージですね。この言葉には心を打たれてしまいますね。

粟国 沙也奈

@LIKE_bb2

ひどく心に刺さった

2016-03-09 14時40分

のり@r_33noritai

ほんとこれ

剣白@ライトニングのアイコン
剣白@ライトニング@kenshiro_1985

うん。 そうだな…。 そうだよな…。

おたま@plover_s

替われるもんなら替わってやるけど、成し遂げられなかった場合、どうすんの?

大西愛美@0112Memi

この気持ちわかる。

Lina@Tattooist_Lina

「くん」じゃなくて「さん」の方がもっとよかったなぁ。34歳で他界した母親を思い出す。あと約2年で私と母親は同じ年、これでも一応毎日全力で生きてるから他界した親類には引き続きご高覧いただきたい

とるゆーのアイコン
とるゆー@Pero2AirForce

まじかー、こういうの見ると僕は「は?知るか?」ってなるんだよな

るまた@思ったこと呟くよ@ryumata08

んはぁ変わって欲しいですわぁ って思うのはゴミなのはわかってる

陽炎ちゃん@鷲オラフと鷲オズワルド♪@Kagerou_Alice

涙で前が見えないよ。 #RTした人全員フォローする

あいすけ@05rugby0505

マジで感動😭

いずみ@narashininoizu

この言葉は重いな。 努力しないやつに夢をもったり、未来に希望を持つ資格なんてないよな。

僕のモチベーションはなかなか上がらない。この青年の言葉を読んで、確かに、自分ももっと頑張らないといけないとは、30分くらい思っていた。ただ、1時間がたったら、もうすでにモチベーションは下がって普段の生活だ。これはどういうことなのだ。

そうだな。明日無くなると思って今日を生きること。とアル有名人が言っていたような気がするように、人間は死ぬ時になって、やっと自分の時間の大切さに気付くのかもしれないな。ただ、人間のモチベーションと言うのは、そんなに単純にはできていない。

この記事のライター

dainosuke

dainosukeと申します。皆様の楽しめる記事を書いていきます。よろしくお願いいたします。