話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

和歌山がいろいろと始まってるwwwもっとアピールしてもええんやでwww

NHK大河ドラマの『真田丸』の舞台ともなった和歌山。その影響か和歌山では真田丸の人気に乗った形で様々なサービスが展開されています。その一部ともいえるサービスが画像のようなものとなっており、楽しめるものになっています。

タクシー

飛蛍@らぶフェスありがとうのアイコン
飛蛍@らぶフェスありがとう
@hotaru_819

おいおいおいおいおい!和歌山!こんなことしてたのか!
全然知らんかったやん!!もっとアピールしたら良いのに、、
最近ポルトでイベとかやらんし和歌山城も撮れるやんか、、

09時24分 2016年12月14日

和歌山がいろいろと始まってるwwwもっとアピールしてもええんやでwww

和歌山がいろいろと始まってるwwwもっとアピールしてもええんやでwww

和歌山がいろいろと始まってるwwwもっとアピールしてもええんやでwww

コスプレへの反応

星海*❀٭祝🌹Märchen6周年!のアイコン
星海*❀٭祝🌹Märchen6周年! @parupunte0_0

行きたい

2016-12-15 16時13分
観鈴ちんのアイコン
観鈴ちん @momimomi_misuzu

クマタクならやりそうな予感、、、。

2016-12-15 15時10分
こなた◎羌瘣になるのアイコン
こなた◎羌瘣になる @mominyaaa

女子会感覚で仲いいレイヤーさん集めて行きたい

2016-12-15 14時05分
MSE(エムセ)ヒロキ ★T3711型のアイコン
MSE(エムセ)ヒロキ ★T3711型 @odakyu60000

はあ

2016-12-15 12時39分
←流雨(るう)@低浮上気味のアイコン
←流雨(るう)@低浮上気味 @honey_st03

付け足して
期間が来年の3月31日までで除外日があり、2016年12月29日〜2017年1月3日
4名1組だと¥7700ですが、人数が減るごとに料金が上がります。
またコースは和歌山城→ポルト、和歌山城→加太深山砲台跡があります。

2016-12-15 11時23分
じゃっきー@11日番谷18薬研のアイコン
じゃっきー@11日番谷18薬研 @jacky___t

なんですと!?こんなのやってるなら行ってみなきゃ勿体無いじゃないか!!
でも一人じゃ撮影もままならないので一緒に行ってくれる人がいないとだけどな・・・・

2016-12-15 10時20分
ぱぴこ。Mマス2nd両日現地✨のアイコン
ぱぴこ。Mマス2nd両日現地✨ @gouta_p

一回はポルトでグウェンドリンやりたいんだよね😂😂😂

2016-12-15 09時39分
はづきのアイコン
はづき @hadu_dnaw

ワンドで行きたい!!!
って行ってる所もあるやつだ\(^o^)/
ワンド誘ったらやってくれるかな?のkuroちゃんもひすいちゃんも遠いもんなぁ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)ワンド仲間欲しい。。。

2016-12-15 09時32分
きさら@運動会太郎のアイコン
きさら@運動会太郎 @kisara3tuki

ちょ!!!!!
これは行くしか!!!!!

2016-12-15 09時18分
ひょっこりめす近は次ミュこぎ@むつのアイコン
ひょっこりめす近は次ミュこぎ@むつ @mutsu_tsumu

楽しそう

2016-12-15 08時41分
ゆきお@何にせよ緑がいいのアイコン
ゆきお@何にせよ緑がいい @mosaaaaay

これ行きたい!!!楽しそう!!!ちょっとした旅行気分やんね〜〜

2016-12-15 08時40分
ゆうか@FD3S激愛中のアイコン
ゆうか@FD3S激愛中 @bs53x31

和歌山凄いですね

2016-12-15 07時15分
莉茶のアイコン
莉茶 @marunagesan

これは安い!

2016-12-15 00時16分
剣崎龍見(コダック臭)のアイコン
剣崎龍見(コダック臭) @tatsumi_y

和歌山なにしとん……つーか和歌山県民でさえやってるの知らないんだからダメだ……さすが我が和歌山

2016-12-14 23時21分
海響のアイコン
海響 @aoto515

自分には全く関係ない事柄ながら、コレもっとピーアールすべき事柄でしょ‼︎

2016-12-14 22時57分

ドラマやアニメなど実際に舞台になった場所がブームに乗っかって盛り上がることはよくあります。
それもその一つだとは思いますが楽しそうでただの観光だけではなく新たな楽しみ方がありそうですね。
ドラマも佳境に入っているからこそ今行っとかないと損かもしれません。

ブームの間に行っておかないと後々サービスが終わってしまって体験できない場合があります。
そのためにも今のうちにぜひとも和歌山に訪れてみてはどうでしょうか。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード