話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

大晦日の紅白歌合戦、視聴率は歴代最低を更新してしまう・・・

大晦日に放送された第72回NHK紅白歌合戦ですが、昨年から視聴率が下がり歴代最低を更新してしまったそうです。見逃し配信など様々な視聴方法がある中、数字だけで全てを評価することはできませんが、数字だけを求める時代ではなのかも。

紅白歌合戦

ライブドアニュースのアイコン
ライブドアニュース
@livedoornews

【前年から大幅減】『NHK紅白歌合戦』、第2部視聴率34.3%で歴代最低を更新


2020年の40.3%から大幅6.0ポイント減で、19年以来2年ぶり7度目の大台40%割れ。2部制になった1989年以降、歴代最低となった。

大晦日の紅白歌合戦、視聴率は歴代最低を更新してしまう・・・

歴代最低への反応

肉ジャガー//36歳からプログラミング勉強中 @niku_jaguar

むしろ今チャンネルとか選択肢多い中でこの数字ってデカい方なんじゃないのかなあ…

もうライフは0よ。koben2345 @koben222

残り65.7%はどうなった? 日テレは7.2% テレ朝12%だったらしいけど。配信みている世帯やそもそも完全に映像媒体を観ていない世帯もいる可能性あるよね。

オフローセカ(オフローカセでも良い)🎍❄️正月の姿 @fuuraibang4

レコ大もそうだけど目当ての歌手が見れたらそれで良いやって感じだしな。 うちもマツケン辺りまでは見てたけど後は見ずに結果発表の時に再び見たし。

まっつん @JAMRASRayer

ガキ使無いからとりあえず見てたけど、やっぱりキャストも宇多田、alexandros無しだったり、選曲微妙だったりしたからなあ。

因幡の傘@スワ党🐧いのりまち町民🍀2.26ごちうさTP @ys1cyan

今の若い人は知らないと思うが 80年代前半までは数字が悪いと左遷されたんだぞ

たらこcrab うんこの化身 @tarakocrab

ホントに今の紅白誰向けか分からないからな 若者がテレビなんてほぼ見ないのに中途半端に若者に流行りのアーティストとかを取り入れて高齢者の視聴者を減らす もう若者を入れるなんて無理だから諦めて昭和の歌手だけでいいのに

スノードロップ @snowdrop_now

まぁ、歌謡ショーで歌合戦じゃ無くなってるよね(´-`)

馬刺し @baaba_s0205

34%で過去最低っていうのがそもそも高いよね

ましぃ/massy @massyee

そういえばNHKは老いぼれしか見ないとか言ってる人がいたな。 テレビ見てる人の34.3%は老いぼれだったのか...

緋色の山形城公園 @Hiiro_Yamagatac

このネット配信とかが進化した時代で34.3%はすごいのでは? でもなんとなく迷走感はあった。 ほぼ通しで見ていたが、若者受け狙いが多かったかな 演歌とかは謎の編曲されていたし ただ、それを見て自分の好きなアーティストを出せと言っている人がいるけど、それで必ずしも視聴率が増加する訳じゃない

かまぼこ @Kamaboko_SA

笑ってはいけないがないから上がるんやないんか

ローソン常連客 👿🐉 @ingen38

歌で合戦する意味ある?

ヘンナヒト @Hennahito_zshm

三年前から見てないなぁ

あくせすおにいさん@ラジオと馬鹿力と @dbcnsamurai

だ〜か〜ら〜真の紅白はテレ東の「年忘れにっぽんの歌」年間定期でつぶやいているんだよな〜。 NHKなのにNHKらしい事やらなくなったら民放と同じだからってなんでわからんかね〜? まあコミケが大晦日になってから一度も見てないからなぁ

名無し。 @live_foever39

ガキ使ないし個人的人選◎だったからすごい良いと思ってたのに

田中けん@2022年7月参院選 東京選挙区 NHK党公認申請中 @edoken

去年の覇権アニメであるウマ娘が出ない紅白を、アニオタたちが見るはずないのだ。当然私も見なかった。 NHKは紅白の選考基準を明らかにせよ。

furai @furai06

電話をかけてきておきながら、視聴率調査の機械を設置するのは『衛星放送をはじめとして有料放送の契約をしている家庭が条件』『地上波のみの家庭は対象外』とハッキリ断られたので、まったくもって気にしない。

大晦日に放送された紅白歌合戦ですが、ネットでは割と好評だったにもかかわらず視聴率は歴代最低を更新してしまったようです。

出演者のラインナップは、ここ数年若い人へ向けてネットなどで人気となった人も出たりしていますが、それでも思うように数字が伸びていないような気がします。

ももクロの紅白の方が良かったという意見があるように自分もそちらの方を見ていましたし、もう男女を紅白で分けるやり方自体が時代にそぐわないのかもしれません。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード