イオン・伊藤園・JALなど数社が協賛企業として行っている世界食料デー記念キャンペーンです。

親から子へ、おばあちゃんから孫へ、大切な誰かのために想いを込めてにぎる「おにぎり」
その「誰かのため」の気持ちに、世界の子どもたちへの想いも込めて
というのをコンセプトにおにぎりの写真かおにぎりを食べている写真をSNSに投稿すると協賛企業から給食5食分に相当する100円が寄付される企画です。さらに伊藤園のおーいお茶も一緒に写っていると、給食10食分に寄付額が変わります。

日本は豊かで平和な国ですので、幸せに暮らしていますが、世界には貧しくて毎日の食べるものもままならない子供達がいる国もあります。勿論、子供達に罪はありません。
おにぎりの写真をSNSに投稿するだけで、少しでも世界の貧しい子供達のためになるのであれば、早速おーいお茶を買ってきて、おにぎり作ってSNSに投稿しようと思います。