さまざまな議論がなされ、さまざまな意見がある自衛隊への考え。憲法とともに、現在どのようにかわっていくのかと注目されることの多い議題ですが、今回稲田防衛相が記者会見で女性自衛官の実践部隊への配置を名言したことで新たな議論がまきおこっています。

稲田防衛相の名言に対しての反論を講じる、ある教授ですが、砲撃を受けたときに服が吹き飛ぶ心配をするというのは、なんとも楽観的というかお花畑というか‥もちろん捕虜になった際の心配は必要だと思いますが、なんとも同調しかねますね。