話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

学校の言い分。「いいね」100万回押したい。

お笑い芸人「バカリズムさん」のネタでの一コマでしょうか。「学校」に対してのネタのようです。見ると「学校は何も教えてくれない」という言葉に対して「学校からすればお前が何も学んでくれなかっただけだよ」とあります。ツイート主さんがは「いいね100万回押したい。」とコメントされています。

義務教育

「いいね」100万回押したい。

学校の言い分。「いいね」100万回押したい。

学校への反応

ソシ山パス子 @darkblackmuseum

じゃあ学校はいじめとか恋愛や結婚のノウハウは教えてくれますか? それを教えてくれるなら私らはいくらでも学びます

うわの声 @uwakoe

学校に限らず、知識欲や行動力がある人は毎日何かは学べる。人のせいにしてたら、そりゃ学びは少ないよ。学びたい事が学校には何も無いならまだ分かるけど。その場合はさっさと辞めてやりたいことすればいい自己責任で。

chipran @chipran1

映画 アフタースクールの神野先生のセリフ 「あんたみたいな生徒どのクラスにもいるんだよ。全部分かったような顔して勝手にひねくれて。この学校つまんねぇだのなんだの。あのなぁ…学校なんてどうでもいいんだよ。お前がつまんないのはお前のせいだ。」 を思い出しました。

ナオ@自転車とバイクとイヌとネコ @Na0_u3u

別の番組ですけど、同じような内容で 僕に教えてくださいっていう前に、今の君に必要な教科書を探して自分で学ぶところから始めないと、僕からは何も教えられないよ と恩師に言われて、その人は響いたってのがありました。 学ぶ姿勢ってこういうことなんでしょうね。

珍探偵yama ❄ @yamaaaaaaa95

確かに理解出来る

🥨KENTAROCOCO🍬 @hpCNpS173AHPT8C

親のお金を使っていたのにもったいないと大人になって後悔する人も多いようです。

焼き鳥になったリタ @Genius37587028

こういう子は「普通いるだけで学べる要素を学ぶことが出来なかった」と思うんよな そういう子からしたら学校は何も教えてくれなかった ってのが正しい感想だと思う

cureha🍂 @X5pQh3

でも無理やり型に押し込むから嫌い

John Pax @ the hermitage(公式)🥶 @johnpax99

これやん。

はづき @hazu_asdadhd

何か教えてもらわなきゃ何も学べないっていうのはいかにも哀しい気がするね

蒼海⚡️🧸 @umi_a0

百万回押したら押してないのと同じでは…?

令和緑 @auol4r03d

教える側ですが、確かに。

手島山猫 @nH8zx1qqf9bGqSG

授業もまともに聞かずにボ-っと50分授業聞き流して黒板の内容写すだけの"作業"してテスト前になってえ分からん分からん言い出して真面目な子に聞きに行くって言うね、嫌いだったなあれ。そんで点数悪い子達は大体テスト前なっても聞きにすら行かずに教え方悪くね?wとか言って自習時間も無駄にする

Roow @Roow_p

「かいきがっているけど」が受けますね!

あき|投資は放置 @aki_tousi22

tktkさん ド正論すぎて😂 入学したあと、自分から何を学んでいくかが大事なんですよね!✨️

めいや @meiya_san2501

学校は所詮下地作りまで。 それ以外の内容は自発的に学ぶしかない。 何のための図書室だ? 「学校は何も教えてくれないという側面はある」 というなら最初から資格や仕事など、 社会実践の為の学校でいいのか? それはその下地は当然既に勉強済だよね? という前提なら望む学校になっていくだろう。

めいや @meiya_san2501

極論、 現代でも教育の行き届いていない無い国を見ろ。 近代化が遅れているだろう。(もしくは無い) 勉強だけに集中できる環境は、 実は最も贅沢の証でもある。 貧困国の子供はその日銭を稼がないと生きていけない。 よって教育なぞ受ける暇もない。 贅沢な愚痴だ。

小学校、中学校は義務教育の範囲内で「学ぶ場所」である事は間違いが無いのかと思いますが、よく学校を揶揄する言葉として「学校は何も教えてくれない」と耳にする事があります。

あまり違和感なく聞き流していた言葉ですが、バカリズムさんのネタで「学校からすればお前が何も学んでくれなかっただけだよ」という言葉を見て「確かに」と思えてしまいました。

ただ「何も」と言う言葉には「ある特定の分野において」で説明される機会が多いように思えるので、その前後も含めての言葉なのかなと思えました。

事実学校で学ぶ事は沢山ありますよね。しかし「学ぶ内容」については、もう少しアップデートが必要なのかな?とも思える今日この頃です。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード