家族全員が揃う日や、休日の余裕のある時だけ、一食だけでもいいので食事の手伝いをしてくれるととても助かりますし、有り難いと思う方は多いはずです。
毎食の献立を考えるだけでも、それが毎日積み重なれば大変になってきます。

そんなに、家事をしてくれている方を自由にするのが嫌なのでしょうか?怖いのでしょうか?
自由にした途端に、何か変わると警戒しているのでしょうか?
特に、家事には「絶対」なんて事はなく臨機応変にすれば良いことが多いので、お互い疲れている時は妥協したり、今日は手伝えない、といった日があってもいいと思います。
それでも、気持ちだけでも寄り添ってくれたり、拙くても手伝ってくれたりするととても嬉しいものですし、素直に感謝する方が大半だと思います。

思いやりの心を、お互い忘れずに生きていたいですね。