イラスト1つとってみても、クオリティを上げるため作者が様々なことにチャレンジしていることが窺えます。
フレアも最後の仕上げの1つで、これがあるだけでイラストの中に光が見えて、輝いているように見えますよね。

このように、フレアはカメラと人によって形が違っているようです。
いままで意識せずに使っていた人は、フレアの形にも注意を払うことで、作品のクオリティを上げられるのかも知れません。

また、見る側にしてみても、これは人間の視点なのかカメラ視点なのかを把握できて、作品をより深く味わうことができるでしょう。