正式名称は「ポール・マラカーンブ(Pole Mallakhamb)」というらしい。レスリングの訓練から発達した器械体操の一種で、高さ2.6メートルの木製の柱を使い行なわれる。そうそう、ポール、ポールといってきたがよくよく見るとポールというよりは柱である。
ポールダンスに近いスポーツ?で、現代ではロープを使った「ロープ・マラカーンブ」もよく知られるところとなったそうだ。競技人口はインドで1万5千人くらいだそうだ。インドの人口は現在約12億人ですから8万人に1人の割合でこのスポーツを行なっている人がいるということになる。日本における競技人口はというと、現在1名だとか。これから、もっと増えるかな〜?