民間伝承として伝わったお話であり、のちにシェイクスピア学者ジェィムズ・オーチャード・ハリウェル=フィリップスによって発行された本に収録されたことで広まったとされるおとぎ話「三匹の子豚」。大筋は、1番目の子豚はわらで家を建てるがオオカミに吹き飛ばされ、2匹目の子豚は木で家をつくるも破壊され、3匹目の子豚はレンガで家を作り、見事吹き飛ばされることが無かったというものです。この「3匹の子豚」をアレンジした漫画は、2匹目までは童話と同様ですが、3匹目の子豚はなんとライブ会場を設立し、多くのお客を動員するほどのライブを行ってしまったというものでした。

初めの印象と全く違ったオチがとても面白く感じますね。