デーモン閣下といえば「聖飢魔II」のボーカリストであるミュージシャンですが、悪魔教布教活動としていろいろなことをしているのが特徴的です。
特に好角家としては有名であり、最初は悪魔の姿で国技館へ観戦に行っていたようだが、日本相撲協会の理事長直々に悪魔姿での観戦を禁止されたために、人間の姿で観戦していたようです。
悪魔の姿での入館については、北の湖敏満が理事長であった2005年に館内放送のゲストに招かれた際、協会から「どうぞ悪魔の姿で」との返答があり、それで出入り禁止が解けたとなって悪魔の姿で観戦するようになった。
などと、悪魔なのですが、基本的にはすごく真面目なのが、これらの行動からわかる。
今回の注意事項についても、内容は悪魔的に書いていますが、すごく内容がわかりやすく真面目なのがわかります。
そういう意味では、全然悪魔っぽくないですね。