人ごとじゃない!!架空請求メールを逆手にとった訴訟問題を知っていますか?

架空請求メール、身に覚えのないWEBサイトや会社から期日までに指定された金額をお支払いください、でなければ何かしらの手続きがされます ― といった嘘の内容でお金を騙し取る手口が有名ですよね。この架空請求メール、もちろん無視してます!って方、この無視する行為を逆手にとった詐欺の手口があることご存知でしたか?

AST-アスト-(華影)#R.B.

@AltoSara

最近、架空請求メールを無視することを逆手にとって、裁判所からの本物の公文書の発行手続をする詐欺師がいます。無視した場合、向こうの言い分が通ってしまい、代金を払わなければなりません。 くれぐれも公文書と思われるものが届いたら確認を。

2016-01-12 12時40分

何これ!?どうゆうこと?!
これは詐欺師が架空請求メールを無視した人に督促手続きや、60万円以下の金額を請求する小額請求手続きを用いて、実際にお金を絞り取ろうとしている詐欺なんだよ。
何でそんなこと出来るの!?これ訴えられたらどうなるの!?
この手続き自体は比較的安価らしいので詐欺師も負担にならないみたいなんだ。もしくは裁判所を装って、文書を出してきてる可能性もある。実際の裁判所からの通知は特別速達で押印等必要らしいから分かるみたいだけど。
とりあえず、文書が本物かどうか、すぐに電話せずに調べることが大事だそうだよ。
聞くだけですっごい怖いんですけど。。
そして、実際に訴えられてしまった場合は、絶対無視しないでほしい。
無視してしまったら嘘の訴訟が生きてしまうからね。
異議申し立てや実際に裁判所に出頭する必要性も出てきて大変かもしれないけど
とりあえず、消費者生活センター等に相談してみよう!
怖いけど、知ることが出来て良かったわ。

この記事のライター