桜島は非常に歴史が長く、1955年以降、約60年間断続的に噴火し続けている火山です。生まれてからずっと火山と共生してきた鹿児島県民の人々にとって、噴火や降灰が起こることは日常的な風景なのだそうです。したがって、ニュースでは大きく取り上げられていますがこの写真をツイートした人は、一見普通の出来事のように報告していますよね。天気予報の中に降灰予報もあるんだそうです。なんにせよ、噴火は生活に何かしら支障をきたします。安全な日々を過ごせますように。