これを見ると、若い方、特に学生さんなんかは「ヒヤッ」として、思わず万引きしようとする手を止めてしまうような、なかなか強気な言葉が書かれていますね。「停学生活」という言葉は実に背筋が凍ります。たかが万引き、されど万引き。小さくてもたった一回の犯罪を犯すことで、生活するうえでレッテルを貼られたり、他人からの信用を無くしたり、下手をすると働くこともできなくなってしまうかもしれません。これからの人生を台無しにしないためにも、こういった取り組みを文房具屋さん自ら行うことは非常にいいことですね。