流石海外という感じですね。日本のロボコンでは、壊しあうという戦闘能力を見るというよりは、ブロックを積み重ねたり、階段を上ったりという技術的な部分で争いますからね...

まあ、そもそもロボットに求めているものが違うのかもしれませんね、海外はロボットは戦闘用に作っているという意識があって、日本ではロボットは人間の代わりに作業をする作業用ロボットと言う認識の違いがあるのだと僕は思いますね。ただ、見ていて楽しいのは、やっぱり海外のロボコンですねwww