バラの質感と奥行き感(?)が凄すぎて、見るたびにスゲえええ…って思っています。
お父様はプロの方らしいのですが、ここまでの技術をもっている方はそう沢山はいないそうです。
結婚のお祝い用に作ったのか、趣味の範囲で遊んだだけなのかは分かりませんが、芸術的すぎてテーブルの上に並んだ時にカットして食べるのをためらってしまいますよねw
食べる時には無くなってしまう、その刹那的な感じも魅力を高める一つなのかな?