家計を逼迫するであろう未来をここまで表現するなんて、一体誰が予想したでしょうか?