映画は撮影現場を封鎖して、撮影するものだと思っていたので、こうやって一般の人が撮影できてしまうことに驚きました。
撮影シーンは、何台もの車がクラッシュするシーンで、ビルの窓から飛び出した4台の車が地面に激突して爆発、炎上。そこへさらに車が突っ込んだりしています。
普通じゃ見られない迫力のあるシーンに撮影者も大興奮しているのが伝わりますね。
この映像を元に、映画本編ではさらに迫力のある映像に仕上げていくんでしょうね。本編を見て、今回の映像と見比べてみるのも面白いですね。