三匹の子豚は喋る動物たちが登場するおとぎ話です。この物語の出版は18世紀後半にさかのぼりますが、物語そのものはもっと古くから存在していたと考えられています。今と昔では多少内容が変わっており、昔と比べると穏健な内容に差し替えられているそうです。