愛情は勿論変わらないものですが、理想は理想だから美しいのかもしれません。育児ファッション誌の写真のオシャレなママや可愛い子共達はモデルですが、現実は自分と自分の子供です。

現実には忙しくてお化粧や髪のオシャレなんかしていられないですからね。雑誌の服なんかは年齢や体型的に着れなかったり家計を考えると有名ブランドの子供服なんか買ってられないです。たとえ買っても子供は可愛いモノより自分の好きなモノしか着ないなんてこともザラですもんね。

高そうな服は大体メルカリに爆笑してしまいました。今のお母さんたちはメルカリで子供服を買うんですね。