たった1本のソーセージから始まった悲劇。
本来ならこの熊は自然の中でのびのびと暮らしていくはずでした。
人間の勝手によって、本来むかえるはずのない最期をむかえてしまうのです。

野生動物はペットではありません。
私たち人間が勝手に食べ物を与えて良いものではないのです。
人と熊が共存できるためにも、野生の熊にはむやみに近づいたりエサを与えたりしないようにしたいですね。

「私だけなら良いだろう」「可愛いから食べ物を与えた」
その考えが1つの命を奪うことになるのは悲しいことだと思いませんか?