男には2つのタイプしかいない。イケメンかオタクかだ!!
とんでもない暴論ですがイケメンを狙うことのみに特化した女性にはそうなのでしょう。イケメンのオタクの場合はどうするんでしょうかね。
オタクか?の後のYesかNoの矢印がなくて即イキリオタクかどうかの判断に行くのはオタクに見られた時点でアウトということでしょうか。

イキリオタクじゃない普通のオタクへの対応の「推しの話負荷試験」というのはオタクの好きな「推し」の話を振りその反応で対処法を決める様です。
イケメンでも経過観察対象が多すぎて理想の彼氏に出会う確率が天文学的な数値になりそうですね。