神々しいくらい黄金色に輝く西安の千年銀杏www

秋も深まって銀杏も黄金色に輝く季節になりましたが、この桁外れの巨大な銀杏は今から1400年ほど前に、「西遊記」で有名な唐の太宗が植樹したという由緒のある銀杏です。生い茂る葉も凄いですが、落葉した銀杏が金のじゅうたんのように芝生を覆い尽くしている様子は圧巻です。

孫向文

@sun_koubun

話題になった西安の千年の銀杏木

2015-11-22 22時16分

中国に旅行に行くと建物のから風景までそのスケール大きさが、良くも悪くも日本と違い圧倒されるけど、この銀杏のまばゆいまでの金色はほんと素晴らしいよね。
そうよね、でも欲深い私には一瞬盗賊が隠した金銀財宝が、正義のヒーローに見つかって、どばぁーて噴出したように見えたわ。
素直に見ろと思うけど、色調が美しく撮影された銀杏は確かに、黄金に見える時があるよね。

この記事のライター