金田一少年の事件簿だけでなく推理漫画は基本的には主人公側である探偵の方の視点から描かれています。
犯人が判明した後にその犯人の背景が描かれることがありますが物語の中心は主人公になっています。
なかなか犯人視点から描かれていることはありませんがこれはこれで面白いですねw

犯人視点から見るとその苦労がわかりますし思わず肩入れしたくなるような内容になっていますね。
様々なトリックを生み出すためにはそれ相応の苦労があるといったところでしょうか。