海外の楽天市場はすっきりしていてファッションサイトのカタログ風ですね。
やはり購買層が違うのでしょうか?目的の商品まですぐに辿り着受けそうで使い勝手も良さそうです。

一方日本の楽天はチラシ文化を根底している様です。主に中高年や年配の女性の方をターゲットにしたもので、一瞬でたくさんの情報が目に入る様に意図的にあのデザインにしているようです。使い勝手の良さより商品の情報量をいかに掲載できるかに特化したデザインなのですね。

確かに若年層の方は同じ商品でもアマゾンや他のサイトを利用することの方が多いですね。
メインのターゲット層をどこに置くかで同じ会社でもここまでHPの戦略が変わってくるのは面白いですね。