以前に購入していた備蓄用の水や食料品の消費期限が過ぎていないか、衛生用品や電池などは劣化していないかを確認。
家庭内のタンスやテレビ等家具の配置の見直し、突っ張り棒やL字型の固定金具で転倒防止が出来ているかの確認。
消火器は使用法を確認しておくこと、またはスプレー型の小型の物が携帯も出来て後始末が楽で便利です。

これだけ準備していてもいざ災害が起こった場合は想定外のことが起こります。家族がバラバラのときは慌てない様に広域避難場所を確認しておき、家族で落ち会う場所を決めておきましょう。
固定電話や携帯電話の回線が繋がらない為にSNSが役に立ったという話は熊本地震でもよく耳にしました。ツイッターやLINEなどの家族の緊急連絡用アカウントを作っておくことも重要なことですね。